温かな春~(同性)小説サイト~

冷たい朝

なつ

 ←なつ →なつ

めがさめたら、
ヒロトはおとなりにいなかった。

またあの頃にもどったのかなって体をおこしたら、
食べものの匂いがして、ほっとする。


ヒロト、あさごはんしてる。


息を吐くぼくが、よくわからなかった。

あの頃にもどっていないって分かっただけで、
どうしてこんなに、心がおちつくのだろう。


ゆっくりと歩いたら、ヒロトが少しだけ眉を寄せてこちらを見た。


「あー起きる前にいろいろすませたかったんだけど。
起きたのな。おはよ」

「うん、うん。
おはよなの」


ヒロトがテレビをつけて、またキッチンの方へもどっていく。

きっと、見ていろって言っているの。



ぼんやりとながめていたら、
急に画面が光かがやいておどろく。


大きな音をたてて、テレビの中がキラキラとした。



「ヒロト、ほしが、たくさん」

「ん?あー花火大会のニュースか。
お前に花火大会は無理。
そもそも人も多いし面倒くさい」

「はなび?」



たくさんの色が、はじけるみたいだった。

広い空に、すいこまれていくみたい。



「それも、夏の風物詩」

「なつ」



ぼくの知らないなつは、
まだまだ、たくさんあるみたい。







もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【なつ】へ
  • 【なつ】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

風物詩…

朝陽クン、色んな感情が出てきた…
あの頃に戻るなんて有り得ないから、【今】に安心してホッと息を吐いて当然だよネ♪
知らなかった季節、それぞれの風物詩、絋斗サンに沢山教えて貰えるとイイね☆
手持ち花火から経験させてくれるかも…?

オッ

オッ、これは、みんなで花火会をしたらいいんじゃないかな?ちょっとお出掛けして、河原や海岸で小さな花火大会とか、近くの広場で花火会とか。河原や海岸なら、置き型の打ち上げ花火とかもできるし、吹き上げ花火も出来るよ、見せれるよヒロトさん。あさひちゃんに、たくさんの経験と思い出を宜しくお願いしますm(_ _)m

一雨降ったら夜の寒さが冬並みになりました。どうかお風邪など召しませんように。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【なつ】へ
  • 【なつ】へ