温かな春~(同性)小説サイト~

冷たい朝

あさ

 ←あさ →あさ

ごはんをたべて、
お風呂にはいって、
まだまっくらな空をながめていたら、
ヒロトはぼくをソファに寝かせたよ。

寝たら、朝がくるんだって。
ぼくは、あさがみたいの。

「ここ、ふかふか、やわらかい」

「それソファで、ベッドではないけどな」

「こんなところで、寝て良いの?」

「嫌だけど、仕方ないだろ。
俺が朝陽を連れ帰ってしまったんだから」

心がうれしいっていう。
思わず口元がほころびそうになるけれど、
顔がはれ上がっていて、上手くうごかせない。


「何」

「あさひ、名前、嬉しい」

「はいはい、分かったから早く寝ろ。
起きてられると面倒くさい」

「うん」


ヒロトは、めんどうくさいっていう。
めんどうくさいっていうけれど、痛いしない。

ぼくはここで、何もしなくても良いのかなぁ。


しばらく天井をながめていたら、まぶたがおもくなってきた。

何度も外を確認するけれど、光はもれてこなくて、
まだまっくらやみだとおもう。


起きても朝がなかったら、どうしよう。
そしたらぼくは、朝を探しにいきたいの。


――意識がなくなったとおもうと、すぐに目がさめた。

体中が、いたくてたまらない。

熱くて、いたくて、指1本動かしたくない。


息するのも苦しいなかで、
朝がみたい、朝がみたいってとなえていたら、

ふと、痛みがやわらいだ。


そっと目をあけたら、ヒロトがいて、胸に手をあててくれている。


「……あ、また、いたみどめ」

いたいがなくなると、ねむくなる。


ヒロトの痛み止めは、いつも、すぐにきくよ。


大きなため息とともに体がふわりと浮く感覚がして、
背中にやわらかさを感じる。

施設で寝たベッドに似ているけれど、それよりもふかふかとしていた。


「ソファで寝かせて毎回騒がれたらたまったものじゃない。
添い寝なんか最悪だけど、仕方ないからここで寝ろ」


ヒロトの声が、隣からきこえる。

ベッドで、ふたりでよこになっているみたいだ。


「…・…ふか、ふか」

「うっせ」


すぐよこに、誰かがいる。
それは、これまでのどの睡眠よりも安心する気がした。


もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【あさ】へ
  • 【あさ】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

そっかぁ

そうだよね、添い寝なんてして貰った事無いもんね。初めての事がたくさんで、あさひちゃんいっぱいいっぱいになっちゃいそうだね〜。これから増える新しい気持ちを、あさひちゃんがどう感じていくのかが楽しみです。

雨が落ち着いて来ましたが、次は台風だそうです。お出掛けの際にはお気を付けくださいませ。

胸がはちきれそう

………(o;д;)o

癒される(●´∀`●)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【あさ】へ
  • 【あさ】へ