温かな春~(同性)小説サイト~

冷たい朝

あさ

 ←あさ →あさ

よく分からないけれど、
ぼくもヒロトになると面倒くさいんだって。

それならやっぱりぼくは、お名前ないの。


知らない味を噛んでいたら、
ヒロトがため息を吐く声が聞こえた。


「……お前、朝の光が見たいんだろ」

「うん、そう」

「なら、朝陽で良いんじゃねーの?」

「……あさひ……?」


その響きは、こころにおひさまがあたるみたいに温かくかんじた。


「……あさひ、きれい」


いま、ヒロトがくれたものがお名前だというのなら、
ぼくは、うれしくてたまらないの。

それなのに、なぜか同時に胸もくるしくなる。

どうしてなのだろう。嬉しいのに。
その響きがきれいすぎて、じんわりとこころがうめられていくの。


――それから、ヒロトにいわれてはじめてのお風呂に入った。
施設では、ホースでおみずをかけられることが”おふろ”だったから、
こんな風にあたたかなお湯で体を洗うのは、はじめてだった。

ぼくがうまくできないから、ヒロトは手伝ってくれたよ。


でも、濡れたまま用意された服を着たら、ヒロトはむっとした顔をしたの。


「ふざけんなよ、お前」


何で怒っているのか分からずに首をかしげた。
その間にもぽたぽたと体から水がおちていき、床をぬらす。


「ヒロト、おこってる?」

「怒ってるな、大体紘斗って何でいきなり名前で呼んでんだよ」

「あさひて、呼ばれたら、うれしい。名前で呼ばれたら、うれしい。
ヒロトもヒロトだと嬉しい……?」

「お前な……」

「怒ってる、痛いする……?」


濡れたままの体にバスタオルがかぶせられ、
ヒロトが強引にそれを動かす。


「い、た」

「あーあーむかついてるからなっ」


ほんのすこし刺激があるけれど、
濡れていたものが、すぐに拭かれていく。


ヒロトは、すごいの。



「ほら、終わり」

「……ヒロト」

「んだよ」

「そういえば、どして、ぼくは、ヒロトのおうちいるの?」

「俺が1番聞きてえよ。
なんで、朝陽なんか」


ヒロトは顔を歪めていたけれど、
ぼくは、胸をぎゅっとつかんだ。

やっぱりなんか、ここが変だ。


今、よんだ。
このひと、今よんだの。


あさひって、言った。



もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【あさ】へ
  • 【あさ】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

キラキラの朝陽クン☆

朝陽クン…『あさひ』って綺麗なお名前を決めてもらって良かった♪
いっぱいいっぱい呼ばれて嬉しい思いを感じて、ホンの少し胸キュンを感じて、どんどん温かくて、キラキラの日々を過ごして行けるね♪
お名前呼ばれたら嬉しいから、『ヒロト』って、呼んであげてるんだもんね…
ホントに心根の優しい朝陽クンだから、絋斗サンも柔らかくなって行くんでしょうね♪
はぁ~、やっと苦しくなくなった(*^^*)

あさひ

うんうん、綺麗なお名前付けてもらえて良かったね。そして、お名前呼ばれて、知らない感覚があったんだね〜。知らない事が、これからたっ〜〜くさんやってくるからね。頑張れ、あさひちゃん。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【あさ】へ
  • 【あさ】へ