温かな春~(同性)小説サイト~

冷たい朝

おかえりとさよなら

 ←おかえりとさよなら →おかえりとさよなら

体中にはしる痛みははげしくて、
それは普通のことなのだけれど、
いつもより、ながいと思った。

「人形ちゃん」

それでも、にんぎょうってよばれると少しだけ胸がきゅってなる。
きっと、これはぼくのお名前なのだ。


ずっとずっと生きていて、ずっとずっとなかったお名前。


「お前さ、ずっと外に出たいって言ってたよね?
出してあげるよ。
次すごく痛いのに耐えられたら」

「おそと?」


ふみつけられたり、なぐられたりする中で、
施設長さんの言葉は、あのおひさまを思い出させた。


あさ。
朝が、みられるかもしれない。


「施設長さんそれって……あれでしょう?
ただ人形ちゃん処分するだけでしょう?」

「嘘は言ってない。
事切れれば、体は外にでるんだから」


お話していることは難しくて、あまりよくわからなかった。


それでも、うれしいの。

おそとにでられて、
ずっとおもいえがいていた朝がみられるのは、うれしいの。


「うん、うん、ありがとう」

「あはは、ありがとうだって」


ぼくは、あまりたくさんのことを知らないの。

でもぼくにだって見たいものがあるよ。
やってみたいことも、きっとあるよ。



もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【おかえりとさよなら】へ
  • 【おかえりとさよなら】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

いいですか?

くー、もこさん、この施設長、やっちゃっていいですか?と、施設長見るたびに思います。
その口に千本くらいポッキー突っ込んでやろうか?10kgくらいのポテチ喰らわせてやろうか?水無しで乾パン100個くらい突っ込んでやりた〜い。
朝陽ちゃん、ちゃんと朝は見られるからね。純真無垢な朝陽ちゃん、コレがあるから、いろんな綺麗な物や、美味しい物を知って、高槻さん色になるのは分かっているんだけど、いるんだけど……。施設長め、いつかギッタギッタにしたい。

はぁ〜、今日も朝陽ちゃんの痛いをみるのは辛かった。でも、この後にちゃんと朝陽ちゃんのいろんなものが色がついていくのを知っているから読めました。冷たい春の時はもう、涙で読むのが痛かったけれど、こちらは、温かいから大丈夫です。
あー、でも施設長、エーさん、ビーさんもね、何があってあーなったのかはわからないが、いつか痛みを知って、自分達のして来た事を知れるといいなぁ。

なんだか、またまた雨模様です。お出掛けの際はお気を付けになり、寒さ対策もなさってくださいませ〜。

もうすぐ朝が見られるからね!お名前ももらえるよ!朝陽の素直さがつらい…涙が止まりません。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【おかえりとさよなら】へ
  • 【おかえりとさよなら】へ