温かな春~(同性)小説サイト~

冷たい朝

くらやみ

 ←くらやみ →おかえりとさよなら

パンにかぶりついて、たくさんかむ。
たくさんかんだら、お腹いっぱいになるって、誰かが話していた気がするの。

おへやの隅には、絵本の小さな紙が1つだけ残っていた。
ほかはかたづけられたみたい。

その紙をぎゅっとにぎって、天井をみあげた。


ぼくはずっと、くらいところしかしらないの。

いつか、朝がみられるようになったり、するのかなぁ。


おとうさんとおかあさんが、誰かわからないし、
施設長さんは、ここで僕をなぐったりすることがすきだから、

きっと出してはもらえないのかなぁ。


「まっくら」


ずきずきと痛んで、困ったと思う。

生まれてこなければよかったと高槻さんはいっていたけれど、
そしたらぼくは、どうしてここにいるのだろう。


体を丸めると、痛みと寒さが少しだけやわらぐような気がした。


ぼくは、くらやみのなかで、ずっとすごしていくのだとおもうの。


たくさん血がながれたら、
高槻さんが手をあてる。

毎日のくらやみの中で、
その時間だけは、食事のときみたいに好きかもしれないっておもっていた。



もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【くらやみ】へ
  • 【おかえりとさよなら】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

あ”ざびーー!!。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。!!!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【くらやみ】へ
  • 【おかえりとさよなら】へ