温かな春~(同性)小説サイト~

冷たい朝

くらやみ

 ←くらやみ →くらやみ

高槻さんの部屋についたら、彼はあからさまに嫌な顔をした。

顔をしかめながら、たばこを吸っている。


「お前が来ると、何つーか、面倒くさい」

「そうなの?」

「お前他の奴よりボコボコにされてくる」

「う?」


高槻さんは、切れ長の目に黒髪で、
体にさわって治療するときは眼鏡をかけているよ。


「手、見せろ」

「うんうん」


針で穴のあいた手をみせたら、
彼は大きな声でため息を吐いたの。


「良かったな、縫わなくていい」

「よかった?ぬわない?」

「お前、慣れすぎてショック死しないから、
麻酔使わないように言われてる。
麻酔もお金かかるからな」

「なに?」

「もう良い、やっぱお前面倒くさい」


彼がぼくの手にふれる。

いたいけれど、なぜだかほんの少しほっとする。



もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【くらやみ】へ
  • 【くらやみ】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【くらやみ】へ
  • 【くらやみ】へ