温かな春~(同性)小説サイト~

翔×悠

過去話

 ←それぞれの不安 →過去話②
リクエスト 翔と悠の出会い



――――――――――――――


頭が痛い。
体が痛い。

もうきっとこのまま、この世界からいなくなってしまうのだと思うし、
それで良いと思う。


朦朧とした意識の中で目を開けたら、
やたら笑う男がいた。

手を払って殴ってやりたいのに、力が入らない。


「治せばいいんだねーおっけー」


軽い口調で話す男は、確か朝比奈翔という名前だと新倉さんが言っていた。


「喋る元気ない?
なんか、睨んでくるけど」

死にたがっている人間の治療をする等、酷い偽善だと思う。
こいつもまた、残酷な人間だ。


「……嫌いだ、全部」

「うん、そんな顔だね」


治療のためとは言え、触れられるのが嫌だった。
放っておいてくれれば、いなくなれそうなのに。


「薬飲んでくれなさそうだから、腕から入れるね」

「……っざ、けんな」


腕を抑えられて、何やら注射される。

こんなやつ、こんな、やつ。


一通りの治療が終わると、彼は笑顔で新倉さんを見た。


「終わりましたよー!」


それから俺を見て、一度だけため息を吐いた。


嫌いだ、こんなやつ、嫌い。


ドアが閉まる。

あんな男にはもう二度と会いたくないし、
一生、軽蔑し続けると思う。


――目を覚ますと、満面の笑みで翔がこちらを見ていた。


夢を見ていたようだ。
翔と出会った日の、最悪な日の夢。


「悠ーおはようー寝顔見てたー!
もしかして、変な夢見てた?汗かいてる」




もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【それぞれの不安】へ
  • 【過去話②】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

ひゃーリクエスト消化ありがとうございます(>u<)!! 弱ってる悠くんおいしいです…更新これからも楽しみにしてます🌟
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【それぞれの不安】へ
  • 【過去話②】へ