温かな春~(同性)小説サイト~

翔×悠

プレゼント②

 ←プレゼント① →プレゼント③

悠②

ーーーーーーーーーーーー


買う、買わないは別として、とりあえず店の中に入る。

「いらっしゃいませー」

元気な店員の声に一瞬で外へ出て行きたくなる。
目を向けた先には、うさぎのもふもふしたぬいぐるみや、
くまのぬいぐるみなんかもあった。

壁はピンク色で、ファンシーだ。

逃げ出したい、真っ先にそう思う。
やっぱりあんなもの、翔が喜ぶ訳がない気がして来た。


「何かお買い求めですかー?」

「……っあ」

若い女性に顔をぐいっと近付けられて、思わずひよこのぬいぐるみを指差す。

「あ、あれを、下さい」

「はーい!プレゼント包装します?」


プレゼント。
手首のブレスレットが目に入る。

プレゼントをされたことなんて、初めてだった。
プレゼントしたことも、もちろんない。


「……お願いします」

声は小さくて、馬鹿みたいだなと思えた。

こんな物をプレゼントしたとして、何になるのだろう。

急に、泣きたくなるような感覚になる。


やばい、怖いかもしれない。
こんな物、馬鹿にされるに決まっている。


「あの、やっぱりやめ……っ」

「はい、綺麗に包めましたよー」

店員の手の中には、綺麗に包まれた物が握られていた。


もう後には引けず、仕方なく支払いをする。


ーー捨てよう。
ばれないように何とか持ち帰って、ゴミ箱の下に入れ込んでしまえばばれないかもしれない。


初めて働いて、初めて得た給料で初めて買ったものが、
"誰か"にプレゼントしようとしたひよこのぬいぐるみなんて。

世界を常識はずれな程恨んでいる人間の行動とはとても思えない。


もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【プレゼント①】へ
  • 【プレゼント③】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【プレゼント①】へ
  • 【プレゼント③】へ