温かな春~(同性)小説サイト~

翔×悠

プレゼント①

 ←眠る前 →プレゼント②
悠①

ーーーーーーーーーーーーーー

翔には、癖がある。
帰宅した時に、春からもらったひよこさんを、ぽんぽんと撫でるのだ。

よほどひよこが好きなのか、戯れにしているのか、分からない。

理由を聞いたことはあるけれど、教えてはもらえなかった。

「いつも何撫でてんの。
俺がもらったものなんだけど」

「えー?もしかして、悠こんなひよこに妬いてんのー?」

馬鹿じゃないのかと思う。


そんな会話をした数日後、バイトでの初給料が出た。


「はい。確か手渡し希望だったよね。
お疲れ様。今日はもうあがっていいよー。
確か職歴なかったでしょ。始めてのお金で、親に何か買ってあげたら」

「……はい」


親、か。

あの人たち、今頃何しているのだろう。
母さん、笑ってんのかなぁ。

時計を見ると、いつもあがる時間より30分早かった。
翔に連絡を入れて先に帰っても良いが、
あと30分後にはどうせ翔の迎えが来る。


封筒の中には、数枚の万札が入っていた。


俺が働いて得たお金だ。
家に住まわせてもらって、食事や睡眠もしている訳だから、このお金は翔に渡すべきだろうと思う。


少ないと笑われるかもしれないし、
ようやく持って来たなと喜ばれるかもしれない。
どちらにせよ、なんとなく怖さはあった。


駐車場を出ると、ふいに向かいにぬいぐるみの店を見つける。

店頭にはひよこのぬいぐるみが数匹並んでいるのが見えた。



"始めてのお金で、何か買ってあげたら"


ーーいや、あり得ないだろ。
だいたい、あんなの買って翔が喜ぶとも思えないし、
馬鹿にすんなと捨てられるかもしれない。

捨てる、という単語が脳によぎれば、気持ちが悪いような気もした。


余計なことは、きっとしないべき。


"春君のひよこさん、可愛いよね"

玄関に入るたびひよこさんを撫でる翔の姿が浮かぶ。


ひよこが好きなのであれば、
もしかしたら、嬉しかったりするのだろうか。



もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【眠る前】へ
  • 【プレゼント②】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【眠る前】へ
  • 【プレゼント②】へ