温かな春~(同性)小説サイト~

翔×悠

可愛い定員

 ←可愛い店員 →ぼくの心のおかしなこと

「お決まりでしたら……どうぞ」

ほんの少しぶっきらぼうに呟く悠につい楽しさを覚えてしまう。

「じゃあチキン南蛮弁当で」

「はい、400円です」

出来るだけ目を合わせないようにする悠も、
お金を受け取ろうとする小さな手も、本当にかわいい。


家に帰ったらその手をぎゅっと握ってやろうと決意する。

必要以上に見つめれば、
彼はむすっとして一瞬だけ睨んでくる。


満面の笑みを見せてやると、少しだけ狼狽えたような表情をした。
悠は最近特に、何だかんだ俺を意識していると思う。


「チキン南蛮弁当のお客様、お待たせしました」

悠が袋に丁寧に弁当を詰めて俺に渡す。

先ほどまで隣にいた年配の女性は、キッチンの方へ行っていた。


「あと少し、頑張ってね」

「ばーか」


受け取ろうとしたその手が、悠に触れる。

すぐに手を引かれることを予測したが、彼の人差し指が、そっと俺の手を追った。
人差し指に手の甲を撫でられて、驚いて眺めたら、
彼の頬は紅潮していた。


「……来るなよ、家帰ったら普通に会うのに」

「えー?だめー?」

「それなりに、動揺する……から」


眉を顰めながらも、指だけは俺を追う悠に、今すぐ抱きしめたい気持ちを必死に抑えた。


俺は、また定期的にこの可愛い店員に会いに行こうと、心に決めたのだった。


もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【可愛い店員】へ
  • 【ぼくの心のおかしなこと】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

デレが増えてきて2828してしまう

Re: タイトルなし

悠も翔に心許してきましたね!
これからも2人の絆が府勝手いくこと期待していてくださいw
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【可愛い店員】へ
  • 【ぼくの心のおかしなこと】へ