温かな春~(同性)小説サイト~

蓮×唯

看病④

 ←看病③ →卵を片手で割れるようになるまで出られない部屋

結局、ただのお粥にどれくらいの時間をかけただろうか。

茶碗を手のひらにのせた唯が、どこか不安げにそれを持ってくる。


「一応出来たけど……っ!」


茶碗の中をのぞけば、人参が歪な形で入っているのが見えた。

水の量が少なかったのか、お粥と言うにはご飯がかために見える。


台所に目を向ければ、お粥くらいで何故そうなるのかというくらい散らかっていた。


「食べて!食べてみて」

唯がしっぽを振る犬に見える。


一口含めば、それは信じられないほど濃くて、
病人食の味付けとはとても言い難い。


「どう?どう?」

「濃い」

「え!えええ!?水、水たしてくる!!」

「やめなさい、もう良いから」


茶碗を取り上げようとした唯の手を掴み、じっと見つめる。

私に見つめられるとすぐに赤くなる唯が、案の定頬を染める。


「食べれますよ。ありがとう、唯」

「ど、どどどどどういたしまして!」


不器用だし、何の変哲もない子だけれど、
一生懸命さと、どうやら私のことが好きらしいことは伝わる。


春にもらった、一輪の花が、視界に入る。
ーー幸せを、願う花。


「痛くないように、手握ってるから!眠ってね!」

「子どもですか、私は」


ひたむきに思ってくれる気持ちとか、この手の温もりとか、

こんな小さなことで良いなら、幸せはあるのかもしれない、と馬鹿なことを思った。







もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【看病③】へ
  • 【卵を片手で割れるようになるまで出られない部屋】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

もう見ているだけで癒しです(*´ω`*)
蓮さんの口調が変わるのカッコいいと
思います!!

コメ返

蓮さんは基本敬語ですが時折くだけるようになりましたね笑
特に唯にはそれが多い気がします!

蓮唯大好きです!蓮さんが唯に心を開いていく様子が伝わってきて幸せな気持ちになります!

Re: タイトルなし

蓮唯好きになってくださってありがとうございます!
全く性格が逆の2人ですが、少しずつ惹かれあっていく様子が伝わればなと思います!
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【看病③】へ
  • 【卵を片手で割れるようになるまで出られない部屋】へ