温かな春~(同性)小説サイト~

春と朝陽

絵本

 ←ブライダルベール →看病

蓮さんより
朝陽と春が遊ぶ話



―――――――――――――

朝陽の家に遊びに行ったら、嬉しそうに絵本を持ってきた。
前あげた方の絵本で、誕生日に渡した絵本の方は、まだ読んでいないんだって。

「ヒロトが読んでくれないの」

「うっせ。自分で読めるようになればいいだろ」

高槻さんは悪態をついて舌打ちをうつ。

俺なら少しびくついてしまうような動作だけれど、朝陽は何とも思っていないみたい。


「これね、傘なの」

「うんうん、傘だね」


一緒に絵本を覗いてお話をするのは、なんだかほっこりする。
友達みたいって、思う。


「あーなんか落ち着くなーこいつら見てると」

理人さんがそっと笑う。

最近は、落ち着いて生活できる時間が本当に増えてきたと思う。


「ここ、好きなの」

「わ、綺麗だね」

「虹なの。色がいっぱい」


朝陽がめくったページには、一面に虹が描かれている。
聞いたことはあるし、絵では見たことがあるけれど、
実際に目にしたことはまだない。


「これみたいのに、ヒロト、連れていってくれないの」

「確かに見たいね」


朝陽がぼんやりと顔を上げて高槻さんを見つめるので、
俺もそっと理人さんの顔をのぞいてみた。


「宮城さん、情弱な奴らの子守にうんざりすることない?」

「いや、そんなことはないよ。こうやって控えめにねだってくるのも可愛いし。
春。虹は、雨上がりじゃないと見れないから、見に行くってことはできないんだよ」

「そうなの?そうなんだって」


朝陽に話しかけると、彼は少しだけ俯いてぽつりとつぶやく。


「虹、ないって。おしまい」

こんな哀しそうな表情もできるんだなぁと思うと、どこかきゅっと胸が締め付けられる。


「もう少し暑くなったら、虹くらい作ればいいだろ。
ジョウロとか使えば簡単に作れるんじゃねーの」

ぶっきらぼうに投げかける高槻さんに、朝陽がそっと目を細めた。


「虹、ある?虹、する」

「また今度な」

「はる、虹あるって」

「うん、うん」


やっぱり、ほっこりするなぁ。

今日もまた、温かな1日。


もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【ブライダルベール】へ
  • 【看病】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

ほっこり

春と朝陽が同じ絵本みたり、話してたりするだけで、ほっこり癒されます。仕事の疲れが吹っ飛びました。又楽しみにしてます。

春が朝陽には、少しお兄さんになるのが
好き(*´▽`*)
「朝陽、おしまい」を思い出して、
悲しくなった゜゜(´O`)°゜
でも、何だかんだ言ってたのにww
すぐに助言するヒロトに和んだ(´▽`)

コメ返

2人は癒し系だと個人的には思っているので、2人でほっこりしていただけると私としてもとてもうれしいです(*´▽`*)
いつも読んでいただいてありがとうございます!

コメ返

朝陽、おしまい は冷たい春の中でも結構哀しいシーンでしたね><
ヒロトもなんだかんだ、朝陽が悲しい顔するのは嫌なので、優しくしてしまいます笑
ヒロトもそろそろ朝陽に好きって言えたらいいですね(*´▽`*)
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ブライダルベール】へ
  • 【看病】へ