温かな春~(同性)小説サイト~

三上×レイ

ほんの少し、温かな春③

 ←ほんの少し、温かな春② →とある1日
「……行く」

「もういいのか」

しばらく見つめていた後、レイの方からそう切り出す。
”行こう”とか”もう帰ろう”でないのは、どこか違和感も感じる。
レイの世界は、まだ自分とルイしかいないのかもしれない。

「やっぱりまだ会えないものなのか?
ルイはきっと喜ぶと思うけど」

彼は俺の言葉に返答もせず、歩き出す。
これまでルイのことで散々悩み、散々苦しんできた彼のことだから、
きっと何か思うところはあるのだろう。


駅までの道中、桜が舞い降り、綺麗な道を作っていた。

施設へ向かう時は、急いでいたのもあってよく目を向けられなかったけれど。


「桜、綺麗だな」

「……冬には、何も纏っていなかった」

「そりゃそうだろ」

「時がたてば、いつか」

レイが何かを言いかけて、口ごもる。


「いつか?」

聞き返せば、彼はまた自分の手のひらを見つめた。


「いつかこの手の赤は、消えるの」

手の、赤。
こいつは頻繁に、自分の手を眺める。

誰かを殺めようとした代償は、裁判で勝ってなお、つきまとっている。


「消えるよ」

「そう」


彼の中で心が安定し、手の赤が消える時。
それがきっと、レイがルイと会う気持ちになる時なのかもしれない。


「ま、ちゃんと食べて寝ればな」

「……それ関係ある?」


寂しげな木は、やがて綺麗に彩られる。

冷たい冬は、やがて温かな春になる。


レイにとってはまだ、ほんの少しの温かな春かもしれない。


「面倒みてやるよ、クソガキ」

「何笑ってんの?」


不器用で頑固なこいつの春が、本当に温かくなるまで。



舞い降りる薄桃の花びらを眺めながら、俺は微笑むのだった。


もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【ほんの少し、温かな春②】へ
  • 【とある1日】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ほんの少し、温かな春②】へ
  • 【とある1日】へ