温かな春~(同性)小説サイト~

冷たい朝

きらきら

 ←きらきら →きらきら

ほんの少しだけ痛む指先に力を入れて、袋を開ける。

それは時間がかかることだったし、
ヒロトがやれば、きっといっしゅんだったと思う。


「開いたな」

ヒロトがひとつ、息をはく。

ぼくは、うんうんとうなずいた。


自分でできた、自分で、できたの。



「火元はここに作るねー!」


ゆいが、にこにこしてみんなの座る中央にあかりをともす。


「あ、きらきら。はなび?」

「あ、これはただの火だよー!
ここに花火つけるの!」


ゆいは、きっと花火をしたことがあるのだとおもう。


「朝陽、あれは触るとすごく熱いから、触ったらダメだからな。
近づく時も気をつけろ」

「あちい?」

「ああ。お前がされていたのくらい……いや、なんでもない」


ヒロトが何かを言いかけて、口をとじる。


とにかく、あれは綺麗だけど、あついんだって。
触ったらいけないの。


「これの先にあの火をつける。
花火は誰かに向けたらいけない。誰かが熱くなる」

「だれか、あちい?
それは困るの」


ヒロトの言葉に、春もまた耳をかたむけ、うんうんとうなずていた。


しょおはけらけら笑って、"結局教えてるしー!"なんて言っている。


「朝比奈、お前笑ってるけど、
お前んとこの子はちゃんと理解してるんだろうな?」

「え?ゆうは花火したことあるよな?分かる?」

「……るさい、火をつけて、あとは人に向けなきゃ良いんだろ」

「え!もしかしてゆうもしたことないの!?
教える教える。手を添えて教える!」

「翔、黙って」


ゆうは眉を寄せながら、すこしだけ目をおよがせる。
もしかしてゆうも花火がはじめてで、少しどきどきしていたりするのかなぁ。



もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【きらきら】へ
  • 【きらきら】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

あさひの
あちい、可愛いい!!

可愛すぎて、悶絶しする!!
(*ノ▽ノ)
りひとさんの包容力たまんない!!
更新、ありがとうございます!!

かわいすぎて

4周ほど読みました…すごく好きです!あちい、という表現すごくかわいいしそれはヒロトが教えたんですか…?ユウは暗いの苦手だから花火のキラキラを見てまた怖さを塗り替えてほしい…これからも応援してます!いつかレイも楽しい毎日が過ごせる日が来ますように…

ドキドキ♪

朝陽クン、未だ痛む指先でよく頑張ったネ~
絋斗サンが、気長に見守ってくれていたから、またひとつ自分で出来て自信がついたし♪
春クンも悠クンも初めてなんて…周りの大人達が憎い!!
でも、チョイ緊張気味の子たちも、その様子を優しく見ている兄さんたちも、私も…
ドキドキ♪ワクワクだぁ☆

ヒロトが教えてる~(*´∀`*)
何だかんだ優しいんだからぁ~♪

朝陽、春、ゆうは初めてなんだ!
楽しめるといいな(〃´ω`〃)☆*゚

なんだかなぁ〜

なんだか、花火をした事のない子達が、ドキドキワクワクするのが、こちらにも伝わって、ドキドキワクワク。
ちゃんと、花火を開けられて偉いねあさひちゃん。そして、ちゃんと花火のルールをちゃんと教えるヒロトさん。なんだかいいコンビ?(笑)
はるちゃんも、ゆうちゃんもドキドキワクワク?ちゃんと、人と共感する事の楽しさとかも、ちゃんと覚えてってるね。これから、もっともっと色んな事を体験、経験していってね。

雨降る度に寒くなりますね。遂にインフルエンザが全国的に流行って来ました。もこさん、皆さん、どうかお身体ご自愛くださいませ。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【きらきら】へ
  • 【きらきら】へ