温かな春~(同性)小説サイト~

三上×レイ

ほんの少し、温かな春②

 ←ほんの少し、温かな春① →ほんの少し、温かな春③
「遠くから」

「ん?」

「遠くからなら見たい」

まだ会う自信がないというレイに、確かにいきなり会わせるのも酷だろうかと思う。

レイの頭の中は、幼い頃からずっとルイでいっぱいだったのだ。
決別も、拒絶も、大きな意思のもとで行っていた。

「じゃあ覗くか。ちょうどこの時間なら、つく頃は自由時間で庭に出ているかもしれない」

「覗くだけなら」

「それならパスタ半分食べてやるから、
それだけ食べて準備しろよー」

少しだけ唇を噛んだレイが、仕方なくパスタの前に座る。
向かいからフォークで半分程俺の皿に移してやると、口にし始めた。


入院中もそうだったが、別に食べられない訳ではない。
ただ、美味しそうな顔も、まずそうな顔もしない。
ただ咀嚼しているだけ、という感じ。


食べ終わると、レイは俺のパーカーを羽織った。
ここからルイのいる施設へは、電車で2駅程だった。


予想通り、庭には何人かの施設の子が出ていた。
日向ぼっこしたり、花に水をやったりしている。


その中に、ルイはいた。

花壇の前に座り、同じ年くらいの男の子と何やら話をしている。


距離があるので、向こうはこちらには気づいていないようだ。


「あそこにルイいるぞ」

「……わかってる」


レイは時が止まったように動かず、ただルイを見つめていた。

食事もしっかりとれているのだろう。
血色もよく、初めて会ったころよりも肉付きがよくなったように感じる。


その時、ルイが隣の男の子に話しかけられ、微笑んだ。
綺麗な笑みだ。


「ルイ、笑ったな。
ここは本当に良い施設だからな。
きっと良くしてもらってるだろう」


レイの返答がなく、そっと顔を覗き込めば、
彼はこれまでに見せたことのない微笑みを見せていた。


「うん」

まっすぐにルイを見つめるレイの顔が、本当に本当に幸せそうで。


「ルイの幸せがお前の幸せなのか」

「そうだね」

「お前の幸せも見つかるといいな」


ルイの笑顔を、これまでにないくらいの柔らかな笑みを見せるレイが、本当に小さく見える。




もくじ  3kaku_s_L.png 呟き
もくじ  3kaku_s_L.png 冷たい朝
もくじ  3kaku_s_L.png 理人×春
もくじ  3kaku_s_L.png 翔×悠
もくじ  3kaku_s_L.png 蓮×唯
もくじ  3kaku_s_L.png 高槻×朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 三上×レイ
もくじ  3kaku_s_L.png 春と朝陽
もくじ  3kaku_s_L.png 春と蓮
もくじ  3kaku_s_L.png 全員
  • 【ほんの少し、温かな春①】へ
  • 【ほんの少し、温かな春③】へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ほんの少し、温かな春①】へ
  • 【ほんの少し、温かな春③】へ