更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03

【  2018年02月  】 

できること

冷たい朝

2018.02.28 (Wed)

 こころがきゅっとしめつけられるような、それでいてぽかぽかと温まるような感覚に、うまく呼吸ができなくなる。「少しずつ教えてやるよ。だから、勝手にやるな。家の中がめちゃくちゃになる」「わかったの」「覚えたら思いきりコキ使ってやろ」「コキ?」よくわからないけれど、ヒロトのもとめることならなんでもよくて、頷いた。そしたらヒロトはため息を吐いて、ぼくをじっとみつめたの。「気分わるくね?」「頭ごつんしたから?...全文を読む

できること

冷たい朝

2018.02.20 (Tue)

 「う、うんうんうん」たくさん、たくさん頷いた。よく分かりもせずに、ただただ頷いた。だって、ここにいれば良いって、ヒロトがいうから。もしそれで良いなら、ぼくは、それ以外なにもいらないの。ぼくは、それだけで。「お前は何もできねーよ」「そうなの」「でも」「でも?」ヒロトの大きなため息とともに、やわらかくだきしめられて、頭をなでなでとされる。こういうことはずっとされてこなかったから、何だかむずがゆくて、で...全文を読む

できること

冷たい朝

2018.02.13 (Tue)

 言葉はすこしつよいけれど、ぼくに触れる手はあたたかい。おもえば、ヒロトはずっとそうだった。ぼくをつきはなすような言葉を言うのに、触れる手はそんなに痛くないの。「大体、何で急にやろうなんて思ったんだ。できなくて当たり前だろ、お前は。できるようになると面倒くせぇぞ、俺がこき使う」「うんうん」「あまりよく理解できてないよな。とりあえず、お前はまだできなくて良い」「でも、できないとどこかへ行く?」「はあ?...全文を読む

できること

冷たい朝

2018.02.04 (Sun)

 「でも、できない」「そりゃあな」「なんで、できない?」「へぇ」物珍しそうな顔で、ヒロトがぼくをみつめる。「そんなこと思うんだ。お前。人間らしくなってきたじゃん」何も言えずに服をつかんでいた手を、とられる。「考える必要なかったことなのに、面倒くせぇ」それから突然ぎゅっとだきしめられて、いっしゅん何が起きたかわからなかった。こうやってだきしめられることなんて、本当に経験がない。「ちっせえな、ほんと」「...全文を読む

前月     2018年02月       翌月