更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

【  2017年11月  】 

なつ

冷たい朝

2017.11.20 (Mon)

 花火を落とさないようにぎゅっとだきしめて歩く。外は、お部屋の中よりずっとあつかった。あついのが、なつ。ぼくはまた、ひとつ覚えたの。「頭、くらくらしない?」「うんうん」たくさん暑いのにあたると、ときどき頭がおかしくなってしまうことがあるけれど。今日は、大丈夫みたい。ふいにとなりを見ると、ヒロトはぼくよりもずっとたくさんの荷物を持っていた。重くないのかなぁ。ヒロトはたくさんぎゅっとできるから、花火が上...全文を読む

なつ

冷たい朝

2017.11.16 (Thu)

 胸でしっかりと花火をだきよせるぼくに、ヒロトは、丸いものを差し出す。知っている。これは、お金というもの。このお金をわたして、すべてのものはもらうの。そういえば、施設のなかでも、お金の話はよく出ていたなとおもう。春は高くて、ぼくは安いって言っていた。お金の価値とか、よくわからないし、ぼくはそれを手に入れる方法もしらないの。「早く受け取れ」「でも、はなび」「それそんなにぎゅっと抱きしめなくても持てるだ...全文を読む

なつ

冷たい朝

2017.11.12 (Sun)

 それから、ヒロトと一緒におでかけをした。外は、おへやの中と違ってずっと熱くて、太陽はまぶしくて、なかなか空をみていられない。「太陽見すぎるなって」「うん、うん」キラキラをみていたい気持ちはあるけれど、ヒロトがだめということは、してはいけないのだと思う。スーパーについたら、ヒロトはカゴの中に食べ物をたくさんいれる。ぼくは、ヒロトの後ろをついてあるくのは、すき。あるくのも、前ほどつかれなくなったとおも...全文を読む

なつ

冷たい朝

2017.11.09 (Thu)

 ヒロトが、トーストの乗ったおさらを運んでくる。あさごはんだ。「まあでも、手持ち花火ならできるかもな」「てもち?きらきら?」「線香花火とかならできるんじゃねーの?」「はなび、はなび」「いや、するとは言ってねーけど。……たく、口走らなきゃ良かった」ヒロトの舌打ちがきこえる。「あのな、やるにしてもしっかり握らなきゃいけないんだぞ。朝陽できんの?」「ぎゅー」手を一生懸命グーにしてみせる。スプーンだってあまり...全文を読む

なつ

冷たい朝

2017.11.08 (Wed)

 めがさめたら、ヒロトはおとなりにいなかった。またあの頃にもどったのかなって体をおこしたら、食べものの匂いがして、ほっとする。ヒロト、あさごはんしてる。息を吐くぼくが、よくわからなかった。あの頃にもどっていないって分かっただけで、どうしてこんなに、心がおちつくのだろう。ゆっくりと歩いたら、ヒロトが少しだけ眉を寄せてこちらを見た。「あー起きる前にいろいろすませたかったんだけど。起きたのな。おはよ」「う...全文を読む

なつ

冷たい朝

2017.11.06 (Mon)

 おでこがじんわりと濡れて、これは何だろうとおもう。火や熱湯ほどではないけれど、あついと、こんな風になるのかなぁ。じっと外をながめていたら、しだいにあたりがすずしくなっていく。きっと、ヒロトのいっていたクーラーのおかげ。すずしくなると、ヒロトの体がまたここちよくなる気がした。前にまわされた手に、ほんのすこし指でふれてみる。ひと、ひとなの。一方的に触れられることはあっても、ぼくはあまり、ふれることはし...全文を読む

なつ

冷たい朝

2017.11.04 (Sat)

 ぼんやりとおひさまを見上げていたら、背後からカーテンが乱暴に開けられるのが分かった。「まだ眠いんだけど」「ヒロト、ねむい?」「来い、夏にそんなところからずっと見てたら熱中症になる」うでを引かれて、ベッドにおろされる。ヒロトにぐっとひきよせられたら、もうベッドから動こうという気もなくなる。「あーくっついてると暑い」「あちい?」ヒロトが、リモコンをもってボタンを押すと、よこながい機械が、おとをたてて動...全文を読む

なつ

冷たい朝

2017.11.03 (Fri)

 目がさめる。昨日とおなじ、朝。いつもみたいに、ベッドをおりるぼくに、ヒロトはため息を吐いてねがえりをうつ。カーテンを開けるのは苦手だから、さいきんは、カーテンをくぐってながめるようにしている。まぶしいひかりに目をぎゅっとつむり、それからゆっくりと開いた。いつもの朝に、ぼくは、すこしずつ変化をかんじていた。「……ヒロト、ヒロト」「……んだよ、もう少し寝かせろ」「なんかね、朝が、もっと前にあったみたいなの...全文を読む

せいかつ

冷たい朝

2017.11.02 (Thu)

 ヒロトの手も体もおふとんみたいに温かくて、お空のきらきらがぼんやりとしていく。何故だろうと思ったけれど、目をあけている時間がだんだんみじかくなっていっているのだときづく。「朝陽さ、放っとくと中々寝なかったりもするのに、構ってやるとすぐ寝るよな。面倒くさいけど、この方が楽」「……う?」首をかしげるぼくをヒロトがぎゅっと抱き寄せた気がした。あたたかいし、いたくない。ヒロトの手は、昔から、いたいがない。「...全文を読む

前月     2017年11月       翌月

Menu

プロフィール

もこ

Author:もこ
もこ 20△
主にネットで小説を書いています。

twitter:@moco_ice
メール:mocoice21@gmail.com

最新記事

QRコード

QR

スポンサーリンク