* Novel List

NovelListは小説の第一番目の記事にユーザー タ グ  を設定することで自動作成される、掲載小説の一覧ページです。
  ⇒NovelList のサンプルページ
詳しくは作者ブログ 五つの基本設定 『4.Novel List のための設定』をご参照ください。

NovelListのリンクボタンが不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加してください。
.go-novel{ display: none!important; }

小説関連の表示が全て不要な場合はスタイルシートの末尾に以下を追加すると消えます。
.delete{display:none!important;}

※尚、ユーザー タグ を設定するとこの説明文は表示されなくなります。

  冷たい朝  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2017.10.07 ~  執筆
痛いのくりかえしのなかで、ぼくは、ずっとパンと朝のことをかんがえていた。パンを一生懸命あけて、ほおばるときのあのしゅんかん。そして、もうすぐ朝がみられるということ。「ねえ、こんだけ好き勝手やられてるのに、悲鳴のひとつもあげないの?お前って本当に人間じゃなくなっちゃったんだねぇ」痛いが激しいところをみたら、腕がぱっくりときれていて、そこから赤いものがだらだらとながれていた。きっとまた、高槻さんが血を...

 おかえりとさよなら 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  冷たい朝  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2017.10.05 ~  執筆
体中にはしる痛みははげしくて、それは普通のことなのだけれど、いつもより、ながいと思った。「人形ちゃん」それでも、にんぎょうってよばれると少しだけ胸がきゅってなる。きっと、これはぼくのお名前なのだ。ずっとずっと生きていて、ずっとずっとなかったお名前。「お前さ、ずっと外に出たいって言ってたよね?出してあげるよ。次すごく痛いのに耐えられたら」「おそと?」ふみつけられたり、なぐられたりする中で、施設長さん...

 おかえりとさよなら 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  冷たい朝  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2017.10.03 ~  執筆
少し眠っていたと思う。冷たくて、寒くて目をあけたら、体はみずびたしになっていた。目の前に施設長さんとエーさん、ビーさんがいて、ビーさんは、バケツをもっていた。きっと彼が、お水をかけたのだとおもう。「お前さ、春がいなくなってるんだけどー?」施設長さんは、笑っていた。笑っていたけれど、少しだけ苛々していることも分かる。「どうして教えなかったの?足音とかで、気づいたよね?」「春、さよなら?」「お前さ、ほ...

 おかえりとさよなら 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  冷たい朝  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2017.10.02 ~  執筆
それから少し時間がたったくらいに、誰かが入ってくる足音がしたよ。お部屋のドアをあけてのぞいたら、春は、だれかに抱っこされていたの。となりには、”レンさん”もいた。春をだっこしている人は、すぐに、”みやぎさん”なのだと分かったよ。くやしそうな、泣きそうな目で春を見ていたけれど、春をみる目は、あたたかかった。きっとね、春は外で、朝と大切な人を手に入れたの。そしてその人が、おかえりって、ただいまって、お迎え...

 おかえりとさよなら 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop 

  冷たい朝  

*  [Edit] 

【 作品のご案内 】        2017.09.30 ~  執筆
春のすすり泣く声は、ずっときこえたよ。ぼくは、朝がどうだったのか、おひさまがどうだったのか知りたかったけれど、春にはなしかけることはできなかったの。こっそりとおへやをのぞいたら、春はみやぎさん、みやぎさんって言ってないてた。あわせてあげたいなぁって、おもった。春が泣きながらあいたがっているみやぎさんという人に、あわせてあげたいの。ぼくは春におかえりっていって、また絵本をよんでほしかったけれど、春が...

 おかえりとさよなら 』 より   »» 続きを読む 

»» もくじ へ 

 ▲PageTop